logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

インプラントQ&AQ&A

インプラントとは何ですか?
歯を失った部分に直接チタン製の人工歯根を埋め込み、新たな歯を入れるものです。欠損歯に対する標準治療であるブリッジや入れ歯に比べ、残存歯の保護、審美性、快適 性などに優れています。
インプラントはどれくらいもちますか?
天然歯と同じくらいと考えられます。ご自身の歯も正しくケアすれば生涯失わない方もおられます。きちんとメインテナンスを行えば、インプラントも天然歯も長く使い続けることができると考えられます。
入れ歯のように途中で合わなくなることはありますか?
インプラント自体が動くことはありません。むしろインプラントではない天然歯が動いて、隣との位置が変わったり、かみ合わせがかわることは考えられます。インプラントを含めお口の中全体のメインテナンスが大切です。
治療期間はどれくらいですか?
最短で6週間です。しかし骨の状態、残存歯の状態などに左右されます。事前に十分に診察し、必要な治療内容、期間、費用について説明いたします。
治療期間中は歯がないままになってしまうのでしょうか?
必要な部位については必ず何らかの方法で仮の歯を装着します。
治療可能な年齢は何歳から何歳まででしょうか?
顎の骨の成長が終われば手術が出来るようになります。一般的には16−18歳以上と言われています。また、糖尿病や高血圧など、全身状態に問題がなければ高齢の方でも治療は可能です。
当院では最も若い方で21歳、最も高齢の方で89歳の患者様にインプラント治療を行った経験があります。どちらも快適に過ごされています。
人工の歯だから歯磨きしなくてもいいですか?
インプラントはチタンと金合金とセラミックでできていますので、むし歯には絶対になりません。しかし歯周炎(インプラント周囲炎)のリスクは天然の 歯より高くなります。装着後のメインテナンスは必ず必要です。
インプラント治療をして、身体に影響はありませんか?
チタン自体にアレルギーは極めて少なく、インプラントを入れることで身体に悪い影響が出ることは考えられません。ただ、インプラントとはチタンが体を「突き抜く」形になり、その境目に感染を起こすとなかなか治らない炎症を起こしてしまします。
そのようなことを起こさないためのメインテナンスはとても大切です。
MRIに影響はありますか?
インプラントは磁性体ではないので、MRIの画像に影響はありません。また、骨と完全に結合しているため、検査中にインプラントが引っ張られることもありません。発熱もごくわずかで、体に影響があるレベルではありません。安心して、MRI検査を受けることができます。
インプラント治療が他の医院で途中なのですが、治療することはできますか?
当院ではスイスのストローマンインプラントをメインに、アンキロスインプラント、ブローネマルクインプラントに対応しております。まずご相談下さい。
インプラントを長持ちさせるには?
ホームケアとしては、やはりブラッシングが大切です。
3~6か月に1回程度、来院しプロフェッショナルクリーニングとかみ合わせのチェックなどを受けていただくことが重要です。
インプラント以外のご自身の歯のケアも大切です。
新しい歯(インプラント)もコーヒーや紅茶、ワインなどによる色素沈着はあるのでしょうか?
セラミックの歯は変色しません。むしろ隣り合う天然の歯が変色し、数年たつと違いが出てくるかもしれません。
インプラントの一番のメリットは何ですか?
QOL(生活の質)の向上に役立ちます!
手術が必要ですか?
親知らずの抜歯程度の外科処置になります。通常の診療台を使って処置をします。入院などはよほどの大きなケースを除き必要ありません。
痛いですか?
インプラントを埋めた後の痛みはごくわずかしか感じません。通常の抜歯より痛みを感じないことがほとんどです。しかし、腫れはやや強めに出ることが多いです。手術後2日間程度は無理をしないことをお勧めします。
手術にかかる日数は大体どの位ですか?
手術自体は1日で終わります。およそ30分~2時間程度とお考えください。しかし手術にいたるまでの歯周病やむし歯、かみ合わせの管理などに時間がかかることがあります。また手術後もインプラント上部の人工歯が入るまでに1.5−3か月程度かかります。トータルの治療期間は数か月かかることが多いです。
詳しくは【インプラント相談から手術・保証まで】をご覧下さい。
インプラントを埋入する時間は何分位でしょうか?
本数や骨の状態によりますが、簡単なケースであれば手術時間は正味20分程度です。
顎がやせていると言われましたが、手術できますか?
インプラントの場合、術前に十分な診察を行います。CTを撮影し、三次元的な骨の形態、骨密度を調べることも行います。その上で可否を判断します。
骨を増やす技術も進歩しており、ほとんどの場合インプラント可能です。
歯周病でも大丈夫ですか?
歯周病の治療を行った後でインプラントの治療計画を立てます。
歯周病の管理ができれば問題なくインプラントを入れることができます。
手術時の麻酔はどのようなものですか?
抜歯するときの麻酔と同じと考えて下さい。
また、全身管理を目的に、麻酔専門医による静脈内鎮静術を用いることもあります。
即日インプラントは可能ですか?
抜歯と同時にインプラントを埋める「抜歯即時インプラント」やインプラントを入れてすぐに歯をかぶせる「即時負荷インプラント」はとてもメリットがある方法ですが、とても難しい方法とも言えます。全ての人に可能な方法ではないため、慎重な準備が必要です
手術当日は、食事はできますか?
普通の食事ができます。ただ、インプラントを入れた部位にさわらないようにしてください。
手術当日は、仕事はできますか?
通常の仕事は可能ですが、体を激しく使う仕事やスポーツはお控え下さい。
インプラント手術後は定期健診が必要ですか?
患者さんの歯の健康のため、必ず必要と考えて下さい。
インプラント治療にリスクはありますか?
安全な処置を目指し最大限努力していますが、リスクは0にはなりません。
インプラントは成功率は98−99%といわれており、逆に言うと100本のうち1本は失敗するといえます。
当院では、事前におこりうる失敗も含めてご説明しご理解を得てから治療を開始しています。
保険は適用になりますか?
残念ながらインプラントは全て自由診療となります。現在の社会情勢ではむしろ保険の適用範囲が狭くなってきており、今後保険の適用になることは期待できないように思います。
現在は、悪性腫瘍や交通事故など外傷後で大学病院で行うインプラント治療のみ保険適用となっています。
他の病院と治療費は同じですか?
自由診療のため各医院で治療費は異なります。一般的に北海道は、全国平均に比べ治療費は安い傾向があるようです。当院では、「体内に入れるものである」「再治療は多大な時間的肉体的経済的負担がかかる」といった理由から、最も長期的に安定するベストな治療法を提示し、そこからどこをコストダウンできるかを考えていきます。
保証はありますか?
上部構造(人工歯)の修理に関しては5年間無償。インプラント本体(人工歯根)が再手術になった場合は10年間無償です。指定された定期検診を受けていない場合は適用外となりますのでご注意下さい。
詳しくは"保証・保険について"をご覧ください。
上に戻るページの先頭へ戻る