logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

インプラントImplant

Implant
インプラントは
「第二の永久歯」です。

インプラントとは、歯を失ってしまった部位に人工の歯根を埋め込み、その上に新しい人工の歯を取り付ける治療法です。

ブリッジのように両隣の健康な歯まで削り、犠牲にすることもなく、入れ歯のような違和感や不快感もありません。その上、残っている他の歯や歯茎に負担をかけず、最大限の機能回復が見込まれ、審美的にも満足を得ることができます。

インプラント取り戻す笑顔(よしたに歯科医院)

札幌でインプラント治療の
最先端を目指して。

札幌にお住まいの方々に安心してインプラント治療を受けてもらうため、設備も充実させております。精度の高いコーンビームCTを使用し、三次元視野で口腔内を正確に、かつ素早く診断します。また、マイクロスコープの導入により、見えにくい部分の口腔内の細かな状態も手に取るように確認できます。

自分の骨から
支えられる安心感。

骨に埋め込むチタン製の人工の歯根は、個人差はありますが、約1.5~3か月で定着するため、自然に近いかみ心地を取り戻すことが期待できます。

もうお口の中の不快感や残存歯に負担をかけることはありません。インプラント治療で笑顔も健康も取り戻しましょう。

インプラントで取り戻す笑顔(よしたに歯科医院)

入れ歯や、ブリッジだと?

入れ歯の場合

入れ歯の場合の写真 入れ歯の場合の写真
  • 将来のむし歯、歯根破折の危険性がある。
  • かむときに動いてしまい、歯茎が痛む。
  • 取り外してクリーニングする必要があり面倒。

ブリッジの場合

ブリッジの場合の写真
  • 健康な歯を大量に削ってしまう。
  • 残存歯には大きな力がかかり、将来的にその歯まで失う可能性がある。

インプラントなら!

残っている歯を傷つけません。

健康な歯を削ってしまうブリッジや入れ歯は、隣り合う残存歯にダメージを与えてしまいます。インプラントは、残すべき歯に負担をかけることがありません。

食事の楽しさを取り戻せます。

せっかくの食事も、歯に違和感を感じたまま食べるのは辛いことです。インプラントで、食事がおいしくスムーズに食べられるようになります

入れ歯に比べ、審美的です。

隣の歯にバネをかける入れ歯は、健康な歯に負担がかかる上に、見栄えも良くありません。インプラントは周りの歯にかける負担が少なく、同じ様な見栄えなので、違和感がほとんどありません。

しっかりとしたかむ力が回復します。

健康な生活を送るために、かむ力は大切です。インプラント治療でかむ力が回復すると、食生活だけでなく、激しいスポーツも力一杯取り組むことができます。

上に戻るページの先頭へ戻る