logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

診療案内
よくある歯の悩みQ&A

歯磨きが足りないから、むし歯になったのですか?
歯磨きの不足はいくつかある、むし歯の原因の1つでしかありません。むし歯菌の数、飲食の習慣、唾液の性状などの要因が重なった時、むし歯になります。歯磨きの徹底だけでは、むし歯の予防は不可能といえます。
予防とは何ですか?
歯周病やむし歯の治療を行っても、進行を止めた、あるいは失われた組織を人工物で補っただけで、決して元通りになったわけではありません。大切な体の一部を失わないようにすることはとても重要だと考えます。
フッ素を塗ればむし歯にならなくてすみますか?
フッ素はむし歯予防に必要な要素です。しかし、それだけで十分とはいえません。様々なむし歯の原因をトータルで分析し、対策を考える必要があります。
キシリトールはむし歯予防に有効ですか?
有効です。あめなどなめる習慣をやめられない人がキシリトール入りのタブレットやガムに切り替えることにより相対的にリスクを減らすことができます。ただし、100%キシリトールかどうかを確認して下さい。
痛いときだけ歯医者に行くだけでいいのではないですか?
痛みをとる治療はもちろん大切ですが、元の健康な状態に戻せるわけではありません。病気を起こした原因をなくさなければ、すぐに再治療の繰り返しとなり、状況はもっと悪化していきます。(むし歯症例参照)この悪い流れをどこかで断ち切らなくてはいけません。
削られるのがどうしてもいやなのですが?
穴が開いてしまったむし歯はどうしても削ってつめる必要がありますが、初期むし歯であれば再石灰化を促進させ、経過観察することができます。早い時期に初期むし歯を見つけ、予防処置を行うことが大事です。現代の歯科は、健全な歯質や神経は、可能な限り残すことを原則としています。その意味で、マイクロスコープとインプラントが有効な治療法と考えられています。
歯周病は治りますか?
歯周病は高血圧や糖尿病とよく似た慢性疾患です。進行をコントロールし、再発を抑えていくことが一番の目的になります。
歯周病と言われましたが、自覚症状は何もありません…
初期の歯周炎ではほとんど自覚症状はありません。歯科医院での検査、レントゲンで見つけられることがほとんどです。歯の動揺、歯茎が下がってきた、腫れたなどの症状が出始めた頃は、かなり進行した状態だと思われます。
歯周病の治療はどのように行うのですか?
「プラークコントロール」です。ブラッシングのトレーニング、歯科衛生士による口の中の掃除、歯石除去を徹底的に行います。その後、治癒の不十分な部位には外科処置を行うこともあります。
歯石は全部とりました。もうこなくて大丈夫ですか?
どんなに歯磨きが上手な人でも磨き残しが10〜20%程度はあります。数か月後には後戻りしていることも多く見受けられます。よい状態を作り上げた後、それをメインテナンスしていかなければなりません。1〜6か月に一度のメインテナンスを行っていきます。
メインテナンスとはなんですか?
むし歯の発症を抑える、歯周病の進行を抑える、インプラントを長持ちさせるためにはお手入れが肝心です。そのために、患者さんご自身で行なうホームケアとともに、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアも定期的に行っていきます。現在のよい状態を生涯維持していくのがメインテナンスです。
上に戻るページの先頭へ戻る