logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

根管治療講演会

品川で行われた、根管治療に関する講演会を聞いてきました。
歯内療法専門医と補綴、インプラントを専門とする歯科医とでは歯根破折に対する考え方が微妙に異なるところがあるのですが、
5D福西先生の、破折していてもバクテリアコントロール出来るケースがあるというのは、
とても勉強になりました。
たまに、違うスタディグループの違う分野の講演聞くのはとても刺激的です。


院長が所属するスタディクラブ、北海道形成歯科研究会。
恒例の春の講演会のお知らせです。
今年は高齢者に対するインプラント治療をメインテーマにしました。
外部講師としては、
摂食嚥下の分野で著明な、西円山病院の藤本篤士先生をお迎えします。
会員発表もほとんどが高齢者に関する演題となりました。
とても興味深いプログラムになったと思います。
多くの関係者のご参加をお待ちしています。


2月6日(火)は
札幌歯科医師会夜間救急センターの当番のため
18:00で診療を終了します。
院長は19:00ー23:00の間
http://www.dnet.or.jp/center/night/index.php
を担当しています。
急変のあった患者様は
どうぞこちらに連絡をお願いします。
011-5111-7774


当院の今年の診療は28日をもって終了しました。
例年通り、大掃除後に食事会を開いて、皆故郷へ戻って行きました。
今年は院長もスタッフも大きな病気もなく(小さい怪我病気はありましたが)
無事に過ごせたと思います。
診療につきましては、長くお付き合いしている患者さんはもちろん、ご紹介患者が増えたこともあり
責任感とともに、やりがいと楽しさも感じています。
来年は1月5日より通常通りの診療を開始いたします。
しばらく休んで英気を養います。
皆様も良いお正月をお過ごしください

今年もあと1ヶ月となりました。
年内の診療は
12月28日午前で終了予定です。
来年は1月5日より、通常診療再開予定です。
どうぞよろしくお願いいたします

最近の講演会

2週続けて
日曜日に東京での講習を受けてきました。
一つは高齢化社会における患者さんへのフォローについての講習です。
天然歯もインプラントもメインテナンスにより長持ちさせることは十分に可能ですが、
高齢化に伴い要介護となった患者様へ、どのようにアプローチすべきかというものです。
これは、来年3月の北海道形成歯科研究会スプリングセミナーのメインテーマにもなっています。
もう一つは、それとは180°違う歯周形成外科の講演です。
マイクロスコープを用いた手術は、高い審美性を達成することができます。
その第一人者達の講演会でした。
どとらもとても面白く勉強になりました。

来週は、同じく東京で、
補綴専門医とエンドペリオ専門医から見た抜歯基準 という講演会に参加してきます。
これも興味深いところですね(^_^)
ちなみにぼくはエンド医ペリオ医のフィロソフィーを十分理解した上で
補綴専門医の立場で、日々診療しています。


来年7月に札幌で行われる某学会の運営委員会に選出されました.
その第1回準備委員会出席のため
10月27日(金)は18:00にて診療を終了いたします.
患者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが,
ご理解ご協力をお願いいたします.

よしたに歯科医院

9月22日金から3日間,
仙台で開催された口腔インプラント学会に参加してきました.
僕が所属する北海道形成歯科研究会でも多くの演題を出し,
また興味深いセッションも数多く有り,
とても勉強になりました.
モーニングセミナーと言う枠で,
僕自身も50分の講演を行ってきました.
それなりに準備は大変でしたが,うまくメッセージが伝わったのではないかと思います.


写真は座長の和田先生との2ショットです.
朝早い時間から参加していただいた先生達,ありがとうございました.

ちなみに牛タンは3日で3回食べました(^O^)v


9月22日(金)は,
院長が口腔インプラント学会(仙台)参加のため休診となります.
http://www.tohoku-kyoritz.jp/jsoi2017/
患者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが,どうぞよろしくお願いします.
所属する北海道形成歯科研究会からは20を超える演題を提出しております.
院長も最終日の朝に1時間の講演予定です.
現在,準備に追われています. 頑張ります・・・

エンド講習会

先週末は札幌で開催されていた,宮下先生のスカンジナビアエンドの2日間コースに参加していました.
歯科医療は様々な分野がありますが,あくまで一つの科です.
臨床医は全てを知り,全ての手技を習得する義務があると考えています.
診断学やエンドの分野で,また新たな知見がありました.
日々の臨床にフィードバックさせたいですね.
写真はEPSDCのFacebookからです.
僕の頭がどこかに写っています.

今週末は夏休みをいただきます.
少し休めそうです(^_^)

上に戻るページの先頭へ戻る