logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

新宿に居ます

インプラント学会関東支部会に参加しています。

でもメインは明日飯田橋で開催されるOJミッドウインターミーティングです。

http://www.oj-implant.jp/info/meeting_2013mw.html

若手(一応!)会員の症例発表で、コンペ形式で採点され順位もつくそうです。

自分の実力が客観的に評価される良い機会です。

学会の傍ら、プレゼン準備に必死です・・。

明日頑張ります。

11月14日(水)より11月20日(火)まで

アメリカのマイクロスコープ学会発表のため

院長不在です。

不在中は北海道大学病院、菅田先生が診察いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします・

 

初めての海外の英語での学会発表です。

現在、英語原稿含め、準備中です!

 

http://microscopedentistry.com/meeting12/schedule.htm

ちょっと前ですが

先日東京ミッドタウンで行われたITI コングレスジャパンの写真です。

ITIプレジデントのダニエルブーザー教授との写真です。

いつも変わらずエネルギッシュな先生です。

講演内容は、日々の臨床に直結しています。

もう3ヶ月経ちましたが

去年12月に六本木で行われたインプラント講演会の写真(プロによる撮影)が出来上がりました。

とても大変で、とても楽しい経験でした。

そして、

また次のステップへ動き出しています。

院長が所属するスタディグループ、

CIDclub アクティブメンバー会議が仙台で開催されました。

今回は、石巻で被災されたメンバーの一人、斎藤先生を訪問する目的もあって

初めて仙台で開催されました。

斎藤先生には3.11とその後の経験をお話していただきました。

マスコミでは報道されない、実体験のお話はとても重みがありました。

しかし常に前向きで 「3.11は始まりである」という言葉は感動的でありました。

翌日日曜日は、石巻をメンバーが訪問しましたが、

僕はどうしても外せない用事が札幌であるため、当日のうちに飛行機に乗りました。

心残りです。

その悔しさが、食欲に出たのかもしれません。

仙台滞在中の食事は全て牛タンでした。

牛タン定食、牛タン弁当、牛タンカレーです。

空港でもおみやげいっぱい。

 

あ、ちゃんと自分も発表しました。

テーマは前歯複数歯欠損におけるガイドサージェリー。

結構、最前線だと思います。

人工骨、バイオオスがやっと日本で認可され使用することができるようになりました。

日本以外では、骨造成に使用するゴールドスタンダードです。

スイスの学会で雑談したイギリス人歯科医に

「バイオオス使わないでどうやって骨を作っているんだ!?」

と驚かれたことがありました。

メーカーの話では、申請して10年。やっと厚労省の認可がおりたとのこと。

抗がん剤やポリオワクチンで問題になっている

「ドラッグラグ」ってやつです。

海外に比べ「周回遅れ」どころか「2周遅れ」になっています。

こういう硬直化が、国民の不利益や、国力の低下の原因になっていると思うのは

僕だけでしょうか?

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

お正月ぼけがまだ残る昨日、

インプラント学会専門医試験を受けてきました。

場所は飯田橋の日本歯科大学。

受験資格を得るには

学会所属年数、過去の学会参加数、本学会での発表、論文などで

一定数の数をクリアし

事前に経過良好の長期症例を20例提出する必要がありました。

そして昨日小論文試験と口頭試問でした。

久しぶりに鉛筆で長い文章を書くのがしんどかったですが

なんとかなったのではないかと勝手に思っています。

 

宿泊は東京ドームホテルにしました。

夜景がきれいでした!

全く準備していなかった、ITS無事に終わりました。

構成も時間配分もめちゃくちゃでしたが、

来年リリースされるストローマンガイドシステムについて

僕の知る100%を症例を交えてお話ししました。

 

土曜日午前は前歯部インプラントの結合組織移植の手術、

夕方エアロスミスコンサート

夜三上先生ITIフェロー就任記念祝賀会

日曜日午前スタディクラブ

午後、新車お祓い。

公私ともに色々ありました。

今年の外での仕事はこれで終わりです。

今日の夕食はゆっくりくつろいでいます

来年早々は

インプラント学会の専門医認定試験があります。

なんか

いっつも忙しいですねー。

私がインプラントの基礎からアドバンスまですべてを学んだスタディクラブの

CIDclubが設立10年を迎えました。

さる12月3,4日に記念学術講演会がベルサール六本木で開催されました。

私も選抜会を経てスピーカーの一人に選出され、お話しする機会を得ました。

インプラント周囲組織のマネージメントについてでした。

当日は約500名の聴衆が集まりました。

オーディエンスの数といいい、スクリーンの大きさといい、プロジェクターの解像度といい、

全てが過去最高のものでした。

少し緊張もしましたが、うまくお話しできたと思います。

終了後は勝山先生始め、複数の先生にほめていただきました。

やはり子供のようですが、「いい出来だった」と言われるとうれしいものです。

ほっとして、未だ虚脱状態ですが

今週末はまたITI study clubでguided surgeryのお話をしなくちゃいけません。

未だ手つかず    まずい。

上に戻るページの先頭へ戻る