logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

インプラントとは、失われた歯を回復するために植えられるものです。それを考えると、歯の根がもともとあった位置にインプラントを植えるのが理想的といえます。しかし抜歯にいたった理由を考えると、歯周病であれ、むし歯であれ、根が折れてしまったのであれ、根を支えている周りの組織(骨)に炎症を起こし害を及ぼすから歯を抜く必要が出てくるわけです。抜歯後の骨の形態は、健康な歯が残っていた時とはまったく異なり、理想的な位置にインプラントを入れることができるケースは、残念ながらほとんどありません。 fistel.jpg fracture3.jpg 写真は、外傷により歯が折れてしまった患者さんです。ぶつけてから1週間後に抜歯、すぐにCTを撮影しました。 afterextraction.jpg   beforeextraction.jpg 左の写真が抜歯した部分のCT画像です 根が折れた部分の骨が吸収してなくなっているのが分かると思います。歯を支えていた外側の骨は、おそらく1ヶ月以内に吸収されなくなってしまうでしょう。 右の写真が、健全な隣の歯のCT画像です。このようなもともと歯があった位置にインプラントを植えるのはおそらく不可能です。 幅が足りなくなったところにどうやってインプラントを植えるのでしょうか? そのテクニックがGBR(guided bone regenaration)といわれる方法です。 続きは次回に・・・・!(^^)!
ちょっと前に、友人数名とお酒を飲む機会がありました。歯学部を出た後医学部に入りなおし、現在形成外科医をしている友人も参加していました。最近みんな髪が薄くなってきたという話題になったのですが、その形成外科医いわく、確実にはげを治す方法は髪の毛を移植する方法だと力説していました。1人前頭部が完全になくなっている友人も居たのですが、後頭部の髪を前頭部に移植を行えばよいそうで、「どうだ、やってみないか?」と真剣に誘っていました ^_^; 髪の移植は形成外科に任せるとして、歯科医が行うインプラントの手術には骨の移植を同時に行うことがほとんどです。GBRといわれるテクニックです。 解説は次回に・・・・・。
上に戻るページの先頭へ戻る