logo_mark

TEL011-615-7891電話地図

平日 9:30~20:00(昼休み 13:00~14:30)/ 土 9:30~13:00

予約制 / 休診日・祝診療日カレンダー

メニュー

Scroll

去る5月18日、
インプラント学会の認定講習会の一環として、
当院でライブオペを開催しました。
受講生15名とその他関係者合わせて、約30名が集まり、
インプラント4本埋入、骨増生、残存歯歯根端切除を行いました。
2時間半のオペはライブオペとしては濃厚な内容だったと思います。
受講生の役に立ったのなら良いのですが。 (^_^)


4月14日,札幌市内にて骨再生に関する講演会が開かれ,
当院院長は前歯部インプラントにおける骨増生と軟組織増生のバランスについて30分お話しました.
短い時間でしたが,正確なインプラントポジションと,硬軟組織増生術と,補綴装置のバランスについて,
参加者にメッセージが伝わったのではないかと思います.
写真は取り忘れました(^^ゞ


摂食嚥下リハビリテーションとは、
病気や加齢や障害によって飲み込めなくなった患者さんに、
歯を作るだけでは無く、原因を探り、トレーニングしたり、食形態を変えたりして
飲み込みを改善しようというものです。
2年間にわたった研修を今回終了することができました。
日常臨床に生かしたいと思っています


さる3月9日10日、
院長が副会長を務める北海道形成歯科研究会スプリングセミナーが開催されました。
今回は教育講演に長﨑大学黒嶋先生を招待し、免疫と顎骨壊死についてご講演いただきました。
会員発表は、初めてコンペ形式で厳密な審査を行い順位を評価しました。
エントリーから事前抄録の厳しめ査読まで、準備はそれなりに大変でしたが
参加者は160名を超え、
コンペも盛り上がり、盛会で終えることができました。
関係者の皆様、お疲れ様でした。
運営側として、少しホッとしております。
また1年後、少し趣向を変えてまた講演会を企画したいと思います。
期待していて下さい。(^_^)

10月の下旬、2週続けて学会がありました。
2週で3講演という、初めての経験をしました。
顎咬合学会では、下歯槽神経麻痺について15分ほど講演いたしました。
恩師野谷健治先生の前で初めてプレゼンし、厳しい質問もありましたが、
最後はお褒めのお言葉をいただきました。
卒業して最初の指導教官から30年後にお褒めの言葉をいただくのは感慨深いものがありました


2週目は、口腔インプラント学会
ランチョンセミナーと市民公開講座の45分×2の内容でした。
これは今回新たに準備したプレゼンテーションであり、準備はそれなりにハードでありました。
時間配分にしくったところはありましたが。、
概ねお伝えしたいことは話せたと思います。
皆さんからの評価は・・・よく分かりません。

おまけに夜の懇親会では、
北海道形成歯科バンドの伴奏による
「また会う日まで」を披露するおまけ付きでした。
歌の評価は・・・ノーコメントです(^_^)

とても疲れた2週間でしたが、
楽しかったです。
でも今度から講演は1本だけにします。


院内のバリアフリー工事が終わりました。
高齢の患者様、車椅子の患者様などが、
玄関の段差を超え、狭い玄関で靴を履き替えることが難しかったため、
スロープを作り、下駄箱を取り、
靴のまま室内に入るシステム変更しました
診療台に座るときに靴を脱ぐようにお願いいたします。


その他、待合室から診療室までの通路に手すりを設置しています


開業以来使っていた診療台3台新しくしました。
合わせて床工事も行い、マイクロスコープ関係で散乱していたケーブル類もスッキリ収納しました。
照明のLED化も行い、診療室が明るく広く感じられます。
外の看板もLEDとしたため、とても明るく、かつ電力消費量も小さくなりました。


まだ細かい作業は残っていますが、
改装後2週間、ようやく落ち着いてきています。
来院する患者の皆様におかれましては、
どうぞよろしくお願いします。

9月14から16日まで、
大阪で行われた日本口腔インプラント学会に参加してきました。
4000人を超える参加者が集まる、日本最大規模の学会です。
北海道形成歯科研究会では10題を超える演題をエントリーし、
ぼくも(一応)共同演者として参加してきました。
国民の健康に寄与することを明らかに宣言した「大阪宣言」や
インプラント学会にもかかわらず、高齢者をメインテーマとしたセッションなど、
とても有意義な学会でした。
また、学会は旧友と再会できる場でもあります。
大学の同級生や、スタディクラブの仲間などと楽しい時間を過ごしました。

学会の合間を縫って
岸和田のだんじり祭を見に行き、
2年前まで当院で勤務していた菅田先生のクリニックも見学してきました。
頑張っているようでした。
よかったよかった。


マイクロスコープによる治療は強拡大で行われるため、
歯科医が術野のどこを見ているのかは、アシスタントにはわかりにくことがあります。
そのため、マイクロスコープの映像を直接モニターに映して、
アシスタントは口腔内とモニターを交互に見ながらアシストを行っています。
今回大きいモニター(しかも4K!!)を導入しました。
アシスタントには非常に好評です。
患者さんに説明するのも大画面上で、迫力の説明を行っています(^_^)


先日
北海道大学歯学部6年生への講義を行ってきました。
去年に引き続きアンケートを取ったのですが
おおむね好評だったように思います。
この学生は、講義に対しては高評価をくれたにもかかわらず
眠気には勝てなかったようですね・・・
正直な学生さんです。
将来よい歯科医になることと思います(^_^)


来る6月8日は、
北海道大学歯学部6年生への臨床講義(8:45-10:15)のため
午前の診療を11時からとさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、
学生教育へのご理解ご協力をお願いいたします。

マイクロスコープを使用した動画を多く取り入れ、
国家試験問題を通して、一般臨床の解説を行う予定です。

上に戻るページの先頭へ戻る